高齢受給者証とは・・・

70歳になると、75歳(長寿医療(後期高齢者医療)制度に移行する)までの間、協会けんぽから「健康保険高齢受給者証」が交付されます。 これは病院窓口での自己負担割合を示す証明書で、所得の状況などにより、1〜3割負担のいずれかが記載されています。 そのため、70歳以上の被保険者及び被扶養者の方は、医療機関等で受診されるとき、健康保険証とあわせて高齢受給者証を提示する必要があります。  


高齢受給者証の交付要件、交付時期、発効日は以下の通り。

交付要件
.被保険者及び被扶養者が70歳になったとき
.70歳以上の方が被保険者となったとき
.70歳以上の方を被扶養者として認定したとき  


交付時期
交付要件,両豺腓70歳の誕生月の下旬(誕生日が月の初日の場合は前月の下旬)。
交付要件∨瑤廊の場合はその都度交付。

※ 事業主様を経由して交付されます。  (任意継続ご加入者の方は、直接、ご登録住所に送付されます。)  

高齢受給者証の発効年月日
. 70歳の誕生日の翌月の1日(誕生日が月の初日の場合は誕生日当日)
. 70歳以上の方が被保険者となったときは、被保険者となった日
. 70歳以上の方を被扶養者として認定したときは認定日

※ 上記発効年月日より、医療機関等の窓口に高齢受給者証の提示が必要となります。


事業主様の事務負担軽減に貢献します。
お気軽にお問い合わせください。

Email
info@office-oe.net
URLhttp://office-oe.net
 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM