老齢基礎年金・老齢厚生年金は、66歳以降の希望するときから繰り下げて受給することができる。

 

その場合受給開始時期に応じて年金額が1か月につき0.7%の割合で増額される(5年で最大42%)


 

これまでは70歳に達した後に繰り下げの申し出をすると、申し出のあった翌月分以降の年金しか受給できなかった。

 

この点、今回の改正により、70歳後に申し出たとしても、70歳時点で申し出があったとみなし、70歳になった翌月分からの年金が受給できることになりました。

 

注意点

対象となるのは、原則として平成26年4月1日(施行日)以降に70歳に達した人です。

施行日に70歳に達していて、施行日後に繰り下げの申し出をする場合、施行日に申し出があったとみなし、施行日の翌月(26年5月)分から受給できる。
 

厚生年金基金に加入している人は基金の基本年金も同時に繰り下げて受けることになる。


ホームページ➡http://office-oe.netのお問い合わせフォームやメールinfo@office-oe.netからお気軽にご相談ください。
 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM